特集
» 2018年02月06日 17時00分 公開

おぎやはぎを起用したプロモーションも開始:「b→dash」が大規模アップデート、月額5万円から使える中小企業向け新製品も発表 (1/2)

フロムスクラッチはマーケティングプラットフォーム「b→dash」の大規模アップデートと新製品「b→dash Lite」、タレントのおぎやはぎを起用したプロモーション展開などについて発表した。

[織茂洋介,ITmedia マーケティング]
b→dashの特徴を説明するフロムスクラッチ代表取締役CEOの安部泰洋氏

 マーケティングプラットフォーム「b→dash」を提供するフロムスクラッチは2018年2月5日、「b→dash PRESS CONFERENCE 2018」を開催。b→dash初となる大規模な製品アップデートに関する説明を行った。また、新製品「b→dash Lite」のリリースおよびデジタルマーケティング支援企業各社とのパートナーシップ、さらには、タレント「おぎやはぎ」の2人を起用したプロモーション展開について発表した。

経営層と現場、それぞれのデータ活用課題

 b→dashは、データ活用経営を「いつでも」「誰でも」「1つで」実現できるプラットフォームとして2014年10月に発売され、現在まで大手企業を中心に数百社が導入している。

 導入企業の課題として多いのが「経営数値分析」「ワンツーワンマーケティング」「オムニチャネルの実現」といったものだ。

 これらの課題の背景には、新規顧客獲得の難度が年々高くなっているという現実がある。そのため、昨今ではむしろ既存顧客のデータを活用して1人当たりの売り上げを伸ばすことが重要になっている。

 一方で、昨今「働き方改革」が叫ばれているように、経営層には労働時間の削減という待ったなしの課題もある。テクノロジーにより無駄な工数を減らし、人手が不要な業務はどんどん削減しなければならない。求められるのは労働生産性の向上だ。

 一方で、働く側の視点でいえば、データ活用は思うように進んではいない。部署間の連携が取れていなかったり複数のツールにデータが分かれていたりと、理由はさまざまだ。従業員ごとにスキルのばらつきもある。そうした状況下で無理にデータ活用を進めようとすれば、逆にそのために仕事が増えるということにもなりかねない。実際、フロムスクラッチが473社の企業を対象に行った調査では、データ活用推進により「作業工数が増えている」と従業員が回答した企業は76%にも上るという。

 b→dashは、1つのツールにあらゆるデータを統合することで、いつでもデータが使える状態を整える。また、人工知能(AI)を活用することで、リテラシーが十分でない人でもデータ活用ができるように支援する。フロムスクラッチでは、その特徴をさらに磨くために、3度の資金調達(総額約45億円)を経て研究開発に投資してきた。その成果を踏まえて実施したのが、今回の「b→dash Prime Update」だ

4つのテクノロジーを搭載した「b→dash Prime Update」

 今回のアップデートにおいて、b→dashには以下の4つのテクノロジーが新たに搭載された。

  1. Data Preparation Engine(データプリパレーションエンジン):300億レコード600万カラムのデータを学習したAIが、データ活用に必要な工程であるデータ設計(データクレンジングやデータモデリングなどの前処理工程)を自動最適化。これにより、これまでエンジニアが185時間以上かけていた作業工数を約20時間まで削減(削減率80.3%)。
  2. Data Reactor(データリアクター):データ活用時に必要なデータ統合を自動最適化する、独自のデータフォーマット生成技術。DWH(データウェアハウス)内で最適なデータ統合フォーマットが、AIで自動生成され、これまで約133時間を要していた工数を約8時間まで削減(削減率94.1%)。
  3. Data Pallet(データパレット):データの変換時に必要だったSQLを書く作業を不要にする高速クエリ生成技術。これまでSQLに代表される特定のスキルを持つエンジニアがデータ変換(データ抽出やデータマート作成など)に要していた工数(毎回約123時間)を不要にし、GUI上の操作で誰でも簡単にデータマートをわずか1時間で生成可能に(削減率99%)。
  4. Data Learning Drive(データラーニングドライブ):独自のAIとアーキテクチャによる自己学習プラットフォーム技術。のべ13億件のユーザーデータと5兆4000億円の購買データを学習したAIがマーケティングのシナリオ設計を自動最適化。次に打つべき施策をレコメンドしてくれるため、使い込むほどデータ活用の成功確度が上昇し続ける。
b→dash Prime Update
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading