ニュース
» 2017年12月12日 10時30分 公開

クライアント企業の課題解決と媒体社の新たな収益化を推進:DACと博報堂アイ・スタジオがコンテンツマーケティング支援チームを組成

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムと博報堂アイ・スタジオは、コンテンツマーケティング活動をワンストップで支援するプロジェクトチーム「#SHAKER(#シェイカー)」を組成した。

[ITmedia マーケティング]

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)と博報堂アイ・スタジオは、新規顧客開拓から既存顧客育成までのコンテンツマーケティング活動をワンストップで支援するプロジェクトチーム「#SHAKER(#シェイカー)」を組成した。

 同チームにおいてDACは自社の媒体社ネットワークから最適なメディアを選定し、バイイング、拡散、そして月間4億8000万ユニークブラウザと9000万のモバイル広告ID、1兆レコード以上の膨大データを保有するDMP「AudienceOne」でのデータ連携を実施する。

両者の役割分担《クリックで拡大》

 博報堂アイ・スタジオはそのクリエイティブ力と分析力により、ターゲット層が興味・共感を持つコンテンツ開発と最適なメディア戦略、効果検証を行う。そして、統合視点によりワンストップでコンテンツマーケティングを支援する。

 #SHAKERの提供サービスは以下の通りだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading