まとめ
» 2017年11月08日 05時00分 公開

「アンバサダーカンファレンス 2017」レポート:資生堂ジャパン 音部大輔氏と語る「なぜ顧客視点の企業戦略で差がつくのか」 (2/2)

[川本鉄馬,タンクフル]
前のページへ 1|2       

「マスマーケティング」と真の「マーケティング」の違い

 基調講演を受けて行われたパネルディスカッションには、音部氏に加えて主催者であるアジャイルメディア・ネットワークCMOでブロガーの徳力基彦氏と同社クリエイティブディレクターの藤崎 実氏が登壇した。徳力氏と藤崎氏は『なぜ顧客視点の企業戦略で差が付くのか〜アンバサダープログラム的思考でマーケティングは強くなる〜』を音部氏の著書と同じく宣伝会議から2017年3月に出版。同時期に同じテーマで出版された2冊の本は、書店で並べて置かれることも多い。パネルディスカッションのテーマには、「なぜ顧客視点の企業戦略で差がつくのか」が掲げられた。

books ディスカッションのテーマは、カバーのデザインから「赤本」「白本」と呼ばれる両書籍のタイトルをミックスさせたモノであることは言うまでもない

 最初のテーマは典型的な日本の「マスマーケティング」と真の「マーケティング」の違いだ。

前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading