ニュース
» 2017年09月04日 18時00分 公開

日本はスマートフォン専用サイト比率が高め:世界の主要企業、8割のWebサイトがスマートフォン対応――あとらす二十一が調査

あとらす二十一は「世界・国内主要企業サイトスマートフォン対応状況調査」2017年8月版の結果を発表した。

[ITmedia マーケティング]

 あとらす二十一は2017年9月1日、「世界・国内主要企業サイトスマートフォン対応状況調査」2017年8月版の結果を発表した。調査は米経済誌『Fortune』が発表した「Global 500」の2016年版に掲載された世界主要企業500および、日経225に選定されている225の日本主要企業のWebサイトを対象に目視で実施した。調査期間は2017年8月22〜23日。

 主要企業のWebサイトにおけるスマートフォン対応状況は、世界の主要企業では80%、国内の主要企業では77%で、大きな差はなかった。対応方法については、世界ではレスポンシブデザインでの対応割合が高く、全体の60%を占めた。スマートフォン専用サイトは20%だった。一方、国内ではレスポンシブデザインが全体の45%、スマートフォン専用サイトが32%と、スマートフォン専用サイトの比率がやや高い結果となった。

スマートフォン対応状況と対応方法《クリックで拡大》

地域別・国別の対応状況

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading