ニュース
» 2017年05月23日 09時30分 UPDATE

嗜好性の高いオーディエンスデータを活用可能に:ぴあ、「チケットぴあ」などのデータを活用したプライベートDMPの本格提供を開始

ぴあは、国内最大級のライブエンターテインメントおよびレジャーのプライベートDMPサービス「PIA DMP」の本格提供を開始した。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

ぴあ | 広告 | ネット広告


 ぴあは2017年5月23日、1700万会員を抱えるチケット販売サイト「チケットぴあ」の会員データや購入プロセスデータ、アーティストやジャンルの嗜好データなどを格納するプライベートDMPサービス「PIA DMP」の本格提供を開始した。ぴあが保有するWebメディア「ウレぴあ総研」「ぴあ映画生活」で蓄積した嗜好性の高いオーディエンスデータや他のサービスから得られた第三者データも活用する。

 PIA DMPは、音楽やスポーツ、レジャー業界などのコンテンツホルダーの広告出稿やマーケティング戦略策定を支援。これを利用することで、嗜好性やイベント特性に合わせた広告クリエイティブの最適化、会員データと興行情報を組み合わせた未来の移動情報の把握、同様の興味関心層へのメッセージ訴求が可能になる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading