ニュース
» 2017年03月10日 23時00分 UPDATE

クロスターゲティング機能を追加:アプリデータマネジメントツール「Spin App」、同一企業の複数アプリ間におけるセグメント情報共有が可能に

オプトは、アプリマネジメントツール「Spin App(スピンアップ)」において、同一企業が運営する複数アプリ間でユーザーセグメント情報の共有が可能となる「クロスターゲティング機能」を追加した。

[ITmedia マーケティング]

 オプトのエンジニア組織であるOpt Technologies(オプトテクノロジーズ)は、オプトが提供するアプリマネジメントツール「Spin App(スピンアップ)」において、同一企業が運営する複数アプリ間でユーザーセグメント情報の共有が可能となる「クロスターゲティング機能」を追加した。

 Spin Appはアプリデータの取得、管理、分析、施策活用までを一元管理可能なプラットフォームで、アプリプロモーションの効果最大化を支援する。

 クロスターゲティング機能の追加によって、Spin Appを導入している企業は、蓄積した自社アプリのユーザー行動情報を他アプリのマーケティング活動に活用することができるようになる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading