連載
» 2017年03月06日 08時00分 UPDATE

【連載】スモールスタートで成功するマーケティングオートメーション 第2回:マーケティングオートメーションの起点「刺さるコンテンツ」を定義する (1/3)

マーケティングオートメーションを始める上で魅力的なコンテンツは不可欠ですが、やみくもに作り始めても、なかなかうまくいきません。まずはしっかりとした「設計図」の作り方から学びましょう。

[田村 慶,24-7]

 前回「『導入するも放置』が多数――マーケティングオートメーションを持て余す企業は何を間違えているのか」においては、見込み客データの質を把握するところから、購買行動のプロセスを考えるところまでを解説しました。ペルソナやライフサイクルステージを定義することで、誰に対してマーケティング施策を打てばよいのかが明確になり、購買行動の各プロセスにおいて最適なコミュニケーションの方針を決めることができたかと思います。

 今回はマーケティング施策の羅針盤となるコンテンツマトリックスとコンテンツマップの考え方や作成手順を中心に、マーケティングオートメーション(MA)を活用したコンテンツ作成について解説したいと思います。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading