ニュース
» 2016年10月18日 15時00分 UPDATE

ビジネスデータベースとしての付加価値向上へ:帝国データバンクとSansanが包括提携、企業情報と名刺情報のマッチングを促進

帝国データバンクとSansanは両社の情報サービスにおける包括提携契約を締結したことを発表した。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

帝国データバンク | 名刺 | 名刺管理


 帝国データバンクとSansanは2016年10月17日、両社の情報サービスにおける包括提携契約を締結したことを発表した。これにより両社は共同事業を創出し、帝国データバンクが提供する全国全業種の企業情報を収録した日本最大級のデータベース「企業情報データベース」および企業情報データベースを基にして企業間、産業間、地域間のつながりをも分析する「企業間取引データ」と、Sansanが提供する名刺管理サービス「Sansan」「Eight」をマッチングさせる機能を開発する。

サービスのイメージ

 両社は、個々のユーザーのビジネスにおける人との接点(つながり)の基盤である名刺情報に企業情報を統合することで、よりビジネスに結び付く機能を提供し、今後はAI(人工知能)による営業先の自動提案機能や新たなビジネスモデルの開発も検討するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading