ニュース
» 2016年10月14日 11時00分 UPDATE

マイクロアド、ジーニーと協業:ソフトバンク、キャリアデータを活用した広告配信を実現する「SoftBank Ads Platform」を提供開始

ソフトバンクは、高精度なターゲティングデータに基づいた最適な広告配信を実現する「SoftBank Ads Platform」の提供を開始した。

[ITmedia マーケティング]

 ソフトバンクは2016年10月13日、高精度なターゲティングデータに基づいた最適な広告配信を実現する「SoftBank Ads Platform(ソフトバンクアドプラットフォーム)」の提供を開始した。

図 サービス概要《クリックで拡大》

 同サービスは、マイクロアドのDSP(Demand Side Platform)やジーニーのSSP(Supply Side Platform)、PMP(Private Market Place)の機能を包含したプラットフォーム。両社が保有する膨大なWebやアプリの閲覧データと、携帯電話キャリアであるソフトバンクの独自データを組み合わせ、高精度なターゲティングが可能になる。

 今後はIoTデータやテレビの視聴データなどの統合も予定し、ソフトバンクが新たに構築したDMP(Data Management Platform)や、グループ企業のジェネレイトが手掛けるマーケティングオートメーション「GENERATE Marketing Automation」との連携も視野に入れ、それぞれが持つデータや機能を組み合わせることで、さらに高精度なターゲティング広告の配信を目指すという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading