ニュース
» 2016年07月26日 15時00分 UPDATE

全社横断プロジェクト「チーム・クールジャパン」が調査:最も「親日」になった国は? 電通が「ジャパンブランド調査2016」を実施

電通は、2016年4〜5月に20カ国・地域を対象に実施した「ジャパンブランド調査2016」の結果を発表した。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

日本 | 調査 | 電通 | クールジャパン


 電通は、日本の文化や強みを生かした商品やサービスを海外展開する「クールジャパン」関連事業において、顧客企業のマーケティング活動支援を目的に、2016年4〜5月に20カ国・地域(※)で「ジャパンブランド調査2016」を実施した。

※中国(北京、上海)、香港、韓国、台湾、インド、シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、フィリピン、オーストラリア、アメリカ、カナダ、ブラジル、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア

 同調査は電通の全社横断プロジェクト「チーム・クールジャパン」が2011年から対象エリアやサンプル数、設問項目を追加しながら継続的に行っている。親日度(日本に対する好意度)や訪日旅行意向、訪問地域とその理由、日本および日本産品に対する興味・関心やイメージなどに関する詳細データと知見の収集を目的とし、インターネット調査で回答を収集。調査結果は海外展開する企業や国内で訪日客対応を進める企業に利用されている。ポイントは以下の通り

「日本のことが好きな国・地域」の1位はタイ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading