ニュース
» 2016年03月25日 04時30分 UPDATE

ターゲティング精度を向上:「Oracle Eloqua」、Webサイト訪問者の企業情報を分析する機能を提供

日本オラクルは「Oracle Eloqua」のパートナーシップを拡充。Webサイトのアクセス分析によって判別した企業情報を「Oracle Eloqua」に取り込むための仕組みを実装したと発表した。

[ITmedia マーケティング]

 日本オラクルは2016年3月24日、「Oracle Marketing Cloud」のマーケティングオートメーションを実現する「Oracle Marketing Automation(Oracle Eloqua)」とサイバーエリアリサーチが提供する、IPアドレスを公開された企業情報に変換するサービス「どこどこJP」と連係し、新サービス「どこどこJP for Oracle Eloqua」を提供開始したと発表した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading