ニュース
» 2016年03月17日 11時00分 UPDATE

日系企業のインド国内でのEC販売を支援:マイクロアド、インド越境ECパッケージを提供開始

マイクロアド・インディアは、インドへ進出する日系企業に向けて、インド国内でのEC販売を可能にしたマーケットプレース型のインド越境ECパッケージのサービス提供を開始した。

[ITmedia]

 マイクロアドの連結子会社であるマイクロアド・インディアは、インドへ進出している、または進出予定の日系企業に向けて、インド国内でのEC販売を可能にしたマーケットプレース型のインド越境ECパッケージのサービス提供を開始した。

 高い経済成長が続き、人口の半分を25歳以下が占めるインドでは、スマートフォンの販売が年間1億台のペースで増加。そうした中でEC市場の伸びが顕著で、ECトップ3社(Flipkart、Amazon、Snapdeal)のインド国内における2015年度のGMV(総取引量)は約1兆円、2016年度には約3倍の約2.7兆円規模になる見込みとマイクロアドでは予想している。

mmyomicroadindia.jpg インド越境ECを一括パッケージとして提供《クリックで拡大》

 このような背景を受け、ECを通じての日系企業のインド進出ニーズが高まっているが、販売、物流、現地サポート構築の負荷などがボトルネックとなっている。またインドは小売の外資規制により、消費者に商品を直接販売するECが禁止されており、マーケットプレース型のEC運用が必須になるという。そこで同サービスでは、マイクロアドの南アジアにおけるネットワークと、これまでに培ってきたネットマーケティングの知見を生かし、物流パートナーである近鉄エクスプレスのインド法人(以下KWEインド法人)、販売パートナーであるGIETLの協力を受け、インド越境ECをパッケージとして提供する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧