ニュース
» 2016年03月09日 15時00分 UPDATE

テレビCMに接触しない層に優先的にWeb動画広告を配信:サイバーエージェント、新サービス「LowTV Focus」を提供開始

サイバーエージェントは2016年3月9日、テレビCMに接触しない層に対し優先的にWeb動画広告を配信する新サービス「LowTV Focus」の提供を開始したと発表した。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

CM | テレビ | Web | 動画広告


 サイバーエージェントが運営する、動画広告に特化した調査機関オンラインビデオ総研は、テレビCMに接触しない層に優先的にWeb動画広告を配信する新サービス「LowTV Focus(ローテレ フォーカス)」の提供を開始した。

0309_03_cyberagent-1.jpg 「LowTV Focus」サービス

 このサービスは、慶応義塾大学 湘南藤沢キャンパス 熊坂賢次研究室と共同で、全国12万人を対象に実施した「テレビCMに接触しない層のライフスタイルと、メディア行動に関する調査・研究」の結果を基に開発。サイバーエージェントが開発したプライベートDMP「Right Segment(ライトセグメント)」と調査データを連係しWeb行動データ分析を行うことで、類似ユーザーリストを作成し、それに基づいたターゲティング配信を行う。

 LowTV Focusでは、テレビをリアルタイム視聴する習慣が少なくテレビCMが届きにくい「ローテレ」層、テレビCMに多く接触する「ハイテレ」層を識別。Web動画メディア上で、ローテレ層に優先的にWeb動画広告を配信することで、テレビCMだけではリーチできないユーザー層への配信精度向上と配信規模の拡大を図る。

 なお、3月中旬には、テレビ接触の多いユーザーに向けて優先的にWeb動画広告を配信する「High TV Focus(ハイテレ フォーカス)」の提供を予定している。High TV Focusでは、テレビCMとの重複配信により、さらに強い認知が可能となる。また、動画クリエイティブ素材を工夫することで、テレビCMとの連動を図り、より深いコミュニケーションを実現できるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by

「ITmedia マーケティング」購読一覧