連載
» 2016年01月14日 08時00分 UPDATE

【連載】MROCでリアルタイムにユーザーの本音を引き出す 第4回:リクルート「SUUMOハウスサービス」の事例に学ぶ、ユーザーの本音を新サービスにすぐ生かす方法 (1/2)

行動データとログが少ない新規サービスの立ち上げフェーズにおいて、ユーザーのインサイトに基づいたサービス改善とはどうあるべきでしょうか。具体的な活用事例で説明します。

[金谷朋子,リクルートテクノロジーズ]

MROCとは

Marketing Research Online Communityの略。オンライン上にユーザーを数百人から数千人集め、数週間〜数カ月間の対話を通してユーザーの意見をリアルタイムで深堀しながら理解する手法。


 前回「人工知能で膨大な『カスタマーの声』を解析、リクルート流ビッグデータ活用術 」では、MROCとビッグデータの解析技術を組み合わせ、さらにAI(人工知能)を活用したリサーチ基盤「ココロバ(cocoRoba)」についてご紹介しました。

 サービス設計においてユーザーを理解することは必要不可欠です。しかし、そうはいっても、現在がどのフェーズにあるのかによって課題は変わってきます。

 今回は、新規サービスの立ち上げフェーズにおいてMROCをどう活用するのか、リクルートの「SUUMOハウスサービス」を例にお話しします。

新規事業を高速に立ち上げる 

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧