ニュース
» 2015年11月27日 12時00分 UPDATE

「ターゲットGRP」から「ターゲットインプレッション数」へ:テレビCMの到達状況をリアルタイムで分析してデジタル広告で即時補完、デジタルインテリジェンスが開発

デジタルインテリジェンスは、テレビCMの到達状況をリアルタイムで分析し、即時にデジタル広告でターゲットリーチを補完するシステムを開発、実証実験を年内に開始すると発表した。

[ITmedia マーケティング]

 デジタルインテリジェンス(以下、DI.)は2015年11月26日、テレビCM のターゲットセグメントでのアクチャル到達状況をほぼリアルタイムで捕捉分析し、ターゲットリーチの補完をデジタル広告配信で行うシステム「CMARC(シーマーク)」を開発したと発表した。これはテレビCM視聴データをほぼリアルタイムでデータとして取り込み、実際のターゲット到達状況をリーチ(到達人数)とターゲットインプレッション数(ターゲットが見たCMの表示回数)およびフリークエンシー(頻度)分布に分解して把握し、即時にターゲットリーチをデジタル広告で補完すべきかを判断し、正確なデモグラフィックデータを配信IDとして保有するDSPなどで動画広告をターゲットに配信するもの。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by