ニュース
» 2015年11月02日 11時57分 UPDATE

2015年版国内HTMLメール閲覧環境調査:企業やECサイトから配信されるメール、「Webブラウザで閲覧」が最多

ディレクタスはインターネットユーザーを対象に企業からのメールの閲覧環境を調査。閲覧デバイスは、PC(Windows)が89%と最も多く、中でも「Webメールをブラウザで閲覧」が最多であることが分かった。

[ITmedia マーケティング]

 ディレクタスは、企業やECサイトから配信されるメールをユーザーがどのような環境で閲覧しているのかを調査した。

 クロスチャネルワンツーワンマーケティング支援を行う同社には、HTMLメールを配信するユーザー企業から表示検証の環境について相談を受けることが増えているという。メールはWeb以上にユーザーの閲覧環境が多岐にわたること、そして、メールクライアントごとに仕様が異なるため、表示崩れなどの検証が非常に煩雑になる。また、メールクライアントはブラウザのように解析ツールなどで取得することができないため、検証環境の選定も難しい。そこでディレクタスでは2015年8月、企業やECサイトから配信されるメールをユーザーがどのような環境で閲覧しているのかを調査した。調査結果の概略は以下の通り。

閲覧しているデバイスはPCが89%

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by