ニュース
» 2015年08月12日 16時00分 UPDATE

2019年までの年平均成長率を33.5%と予測:IDC Japan、国内ビッグデータソフトウェア市場予測を発表

IDC Japanは2015年8月12日、国内ビッグデータソフトウェア市場の2014年の実績と2019年までの予測を発表した。

[ITmedia マーケティング]

 IDC Japanによると、2014年の国内ビッグデータソフトウェア市場規模は、前年比39.3%増の110億9100万円となった。国内ビッグデータソフトウェア市場は極めて高い成長を継続し、2019年の同市場規模は470億6100万円、2014年〜2019年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は33.5%になると予測している。

 予測の背景として、大企業によるビッグデータ活用が活発化し商用アプリケーションの採用が広がっていること、IoTの普及やデジタルエコノミーの拡大により今後も市場規模の成長が見込まれることを挙げている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧