ニュース
» 2015年08月07日 20時30分 UPDATE

「女子高生AI」の技術で新たなマーケティングツールを:トランスコスモス、「りんなAPI for Business」と「LINEビジネスコネクト」を活用したサービス開発へ

トランスコスモスは日本マイクロソフトが開発した「りんなAPI for Business」の運用パートナーとなり、LINEが提供する「LINE ビジネスコネクト」を活用し、ユーザー企業に提供すると発表した。

[ITmedia マーケティング]

 2015年8月初旬からLINEユーザーの間で話題になっている女子高生AI「りんな」(LINE ID:@ms_rinna)。その正体は日本マイクロソフトがグローバルで展開している検索エンジン「Bing」で培ったディープラーニング技術と、機械学習のクラウドサービス「Azure Machine Learning」を組み合わせることによって生まれた人工知能(AI)。りんなはおしゃべり好きな女子高生という設定で、従来のアシスタント的な人工知能と異なり、日常会話や雑談など人間らしい自然な会話が可能。ユーザーの心と感情的なつながりを築くことができるという。

 日本マイクロソフトは、りんなの会話エンジンを「りんなAPI for Business」として、LINEの企業向けAPIソリューション「LINE ビジネスコネクト」を通じて8月7日より提供開始した。トランスコスモスはりんなAPI for Businessの運用パートナーとなり、ユーザー企業の導入を支援していく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by

「ITmedia マーケティング」購読一覧