連載
» 2015年07月14日 08時00分 UPDATE

【連載】サイバーエージェント流「単品通販」入門 第3回:感覚で作るクリエイターはもういらない――新しいアドクリエイティブの方法論

「良いクリエイティブ」を感覚で作成しても、結局はすぐにまねされてしまう。そんないたちごっこの時代はもう終わり。まねされても勝てるクリエイティブとはいかに。

[宮本篤史,株式会社サイバーエージェント]

 今日、加速していくアドテクノロジーの進化と次々と登場する新しいメディアに合わせて、さまざまなクリエイティブの表現手法も研究されています。その中でも特に注目されているのが、プランナーとデザイナーを融合したポジションで活躍できるアドクリエイターです。ユーザーの属性、感情の変化を想定して緻密な表現設計ができるクリエイターといってもいいでしょう。

 このようなスキルが市場で求められるようになったのは、下記のような理由があるからです。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by