連載
» 2015年07月02日 08時00分 UPDATE

サイバーエージェント流「単品通販」入門 第2回:より効率よく、よりたくさん買ってもらうために――単品通販企業のためのDMP活用法

競争環境が激化したことにより、単品通販業界では、CPO(注文獲得コスト)の高騰が課題となっています。今回はDMPを活用してこの課題を解決していく方法をお伝えします。

[稲益 仁,株式会社サイバーエージェント]

 2014年、国内の総広告費は横ばいの中、インターネット広告のみが伸び続けています。マス広告予算がインターネット広告へとシフトしている状況です。インターネット広告のトレンドも掲出期間やインプレッション量に応じて支払う「純広型」から、入札によってバナーやテキストが掲出される「運用型」へと比重が移っています。

 「運用型」へと予算が集中しているため、入札単価は高騰を続け、結果として顧客獲得のためのコストも年々上昇しています。このような状況を受けて、単品通販各社では、慢性的なCPO(注文獲得コスト)の高騰が課題となっています。

 課題解決のためには2つの打ち手があります。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by

「ITmedia マーケティング」購読一覧