連載
» 2015年06月30日 08時00分 UPDATE

【連載】パーソナライズドビデオ入門 第1回:本当の「動画元年」、ITからのアンサー

動画活用に注目が集まっています。しかし、デジタルマーケティングの領域において、コンテンツを作って多くのリーチを獲得することだけがゴールなのでしょうか?

[福田 慎,ピツニーボウズ・ソフトウェア]

関連キーワード

パーソナライズ | 動画 | CRM


 2015年は「動画元年」といわれています。確か前年も、そのまた前の年もそういわれていたような気がしますが、いずれにしても昨今、動画市場が盛り上がりつつあるのは間違いありません。

 「Facebook」「Twitter」など主要なSNSではタイムライン(ニュースフィード)で動画を自動再生するようになりました。また、急成長中のスマートフォン向けニュースサイトでも、最近は動画広告が頻繁に表示されます。

 企業のWebサイトでも動画は多用されています。米Cisco Systemsの年次調査である「Cisco Visual Networking Index」によれば、2019年にはネットワークを流れるデータの80%が動画になるといわれており、今後その利用はますます広がっていくでしょう。

「個」とつながる時代の動画活用とは?

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading