ニュース
» 2015年06月11日 09時00分 UPDATE

最も優れたデジタル広告・マーケティング施策は?:コードアワード2015、「ヤフートレンドコースター」「フリー素材アイドル」他13作品が受賞

総合的なデジタル広告・マーケティングのアワード「コードアワード2015」の受賞作品全13作品が決定。主催のD2Cが発表した。

[ITmedia マーケティング]
画像 グランプリに選出されたヤフートレンドコースター

 旧「モバイル広告大賞」の流れをくむこのアワードは、2014年4月1日から2015年3月31日の期間、デジタルテクノロジーを活用したマーケティングコミュニケーションの事例が対象。伊藤直樹氏、岸 勇希氏など著名なクリエーティブディレクターをはじめとする識者による審査の結果、グランプリにはYahoo! JAPANの「ヤフートレンドコースター」が選ばれた。これはSNSのリアルタイム情報を検索する「Yahoo!リアルタイム検索」の検索結果推移グラフから可視化された波形をジェットコースターのコースに見立て、VRで実際に体感できるアトラクション。ビッグデータを可視化するだけではなく、データそのものを体感できるという点が評価された。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by