ニュース
» 2015年05月11日 16時00分 UPDATE

リアルタイムな情報の把握が可能に:口コミの発信源を地図上に表示――富士通が「SociaLive」の提供を開始

富士通は企業や自治体向けにソーシャルメディアの業務活用を支援するソリューションを強化。Twitter情報のリアルタイムモニタリングなど4つのサービスを体系化して提供すると発表した。

[織茂洋介,ITmedia マーケティング]

関連キーワード

ECサイト | 富士通 | マーケティング


 富士通は2015年5月8日、キーワードやエリア情報をあらかじめ登録することで事件や事故、災害などに関連するTwitter情報をリアルタイムでモニタリングしたり、発信場所を画像データ付きで地図上に表示できる「FUJITSU Intelligent Data Service SociaLive(SociaLive)」の提供を開始した。

 位置情報はGPS情報や投稿記事に書かれている地名などから判別。これにより、場所を選ばず発生する膨大な情報を一元的に収集でき、かつ特定の地域の情報をピンポイントでモニタリングすることが可能になるという。投稿者の場所と投稿内容を地図上にマッピングするクラウドサービスは国内初だという。SociaLiveは富士通アドバンストエンジニアリングが開発した。

mm_fujitsu20150511_01.jpg Twitterのリアルタイムモニタリングが可能な「SociaLive」今起こっている現象を位置情報付きで把握できる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by