ニュース
» 2015年04月08日 16時00分 UPDATE

アイキャッチ効果が向上:リッチメディア広告プラットフォーム「Pictela」に動画広告の自動再生機能を追加

デジタル広告プラットフォームを提供するAOLプラットフォームズ・ジャパンは2015年4月7日、同社が提供するリッチメディア広告プラットフォーム「Pictela」の新フォーマット「Pictela Auto Play Video」の運用を開始した。

[織茂洋介,ITmedia マーケティング]

 「Pictela(ピクテラ)」は、複数の動画や静止画像の表示を組み合わせ、リッチメディア広告を簡易に制作・配信できるサービス。今回リリースされた「Pictela Auto Play Video」で、広告の表示時点で自動的に動画広告を再生できるようになった。動画再生完了後に商品画像のギャラリーを表示することで、単なる動画広告では実現できなかったユーザーとのコミュニケーションを可能にし、ユーザーエンゲージメントの向上をサポートするという。

 Pictela Auto Play Videoは既にメルセデス・ベンツ日本で導入され、配信を開始している。

mm_yo_20150408.jpg 動画再生終了後にギャラリーが表示され、広告内右側のサムネイル画像にマウスオーバーすることで、さまざまな画像を閲覧できる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by

「ITmedia マーケティング」購読一覧