連載
» 2015年03月30日 08時00分 UPDATE

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第56回:遠い国で暮らすわが子にお母さんの「手料理」を――保険会社「AIA」の泣ける動画広告

ある生命保険会社が韓国で公開した動画広告が「泣ける」と話題だ。再生回数は350万回超。生命保険の加入を検討し始める年頃の若者の感情に訴えかけ、思わずシェアしたくなるストーリーだ。

[岡徳之,Noriyuki Oka Tokyo]

 香港を拠点に展開するアジア最大級の保険会社「AIA」が韓国市場に向けた動画広告を制作し、YouTubeで公開している。この動画は、韓国の親元を離れて遠くオーストラリアで暮らす若者を喜ばせようと、彼らの母親たちを巻き込んで仕掛けたサプライズ企画だ。

 動画ではまず、オーストラリアで暮らす韓国の若者たちと、祖国にいる彼らの母親たちにそれぞれインタビューを実施する。

 若者たちは自分の夢をかなえるため、それぞれ苦労を重ねている。ある男性はホテルのハウスキーパーとして、ある女性は日本食レストランのウェイトレスとして働いているが、慣れない環境で暮らしていると、ふと「なぜ自分はこんな大変な道を選んだのだろう」と考えてしまうこともあるという。

写真 「後悔する前にここへ来てに自分の力で生きてみたかった」という男性は、ホテルのハウスキーパーとして働いている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by