ニュース
» 2015年03月12日 08時00分 UPDATE

【連載】インターネット時代の企業PR 第30回:パブリシティの企画/立案は「必然性」を作り出すこと

パブリシティの企画書には、なぜ、メディアが商品やサービスを取り上げるのか、その理由が書かれていなければいけません。つまり、メディアに露出されるには、露出されるべき必然性がなければならないのです。

[細川一成,電通パブリックリレーションズ]

「ひどい」PRの企画書

 職業柄、PR活動の企画書を見る機会が多いのですが、たまにひどい出来のものを目にすることがあります。さまざまなパターンの「ひどい」があるのですが、その中で最も多いパターンが「○○という商品をパブリシティによって□□(有力メディア名)に露出させる」とだけ書かれたページがいくつもいくつも登場するというものです。

 このパターンの「ひどい」は、PRを広告などと同時に展開する統合コミュニケーション活動の企画書に特に多く見られるような気がします。

 ひどいですよね?

 このパターンの企画書が多すぎて、ひどいとすら思わなくなった、という方もいらっしゃるかもしれません。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧