ニュース
» 2015年03月10日 16時00分 UPDATE

統合型CRMアプリケーションサービス:日本マイクロソフト、Dynamics CRM Onlineの国内データセンターを稼働――日本生命が不動産部SFAとして採用

日本マイクロソフトは3月9日、同社が提供する統合型CRMアプリケーションサービス「Microsoft Dynamics CRM Online(以下、Dynamics CRM Online」に関し、日本国内データセンターからの提供を開始したことを発表した。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

関連キーワード

CRM | Microsoft | 日本


 日本市場における同社のクラウド事業強化の一環として実施する。今回の国内データセンターからのサービス開始に伴い、日本生命保険不動産部が、営業支援システム(SFA)としてDynamics CRM Onlineを活用することを決定、約100ユーザーへ導入したことも明らかとなった。

 日本生命不動産部は、Microsoft Accessをベースに営業案件や商談管理、顧客訪問記録を管理し、報告業務にはMicrosoft Excelを利用していたが、より使いやすく効果的なシステムを目指し、クラウド型SFAの検討を開始した。外部業務委託先などと、安全で迅速に情報共有ができる環境を目指し、複数のクラウド型SFAを検討した結果、従来のMicrosoft製品で現場になじんでいた操作性や、クラウドサービスの信頼性、そして国内データセンター開設によりデータを国内で管理できるという評価し、Dynamics CRM Onlineの採用を決めたという。

 日本マイクロソフトは2014年2月からパブリッククラウドサービス「Microsoft Azure」を、同12月からクラウドアプリケーション「Microsoft Office 365(以下Office 365)」を国内データセンターから提供し始めている。

 今回、Dynamics CRM Onlineが国内データセンターからのサービスを開始したことで、同社クラウドサービスの中核である「Azure」「Office 365」「Dynamics CRM Online」の3本柱が国内でのサービスを開始することになる。新規にDynamics CRM Onlineを導入する場合は、国内データセンターにシステム環境を構築することになる。既存顧客で国外データセンターからDynamics CRM Onlineを利用している場合、希望により国内データセンターへ移行できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by

「ITmedia マーケティング」購読一覧