ニュース
» 2015年02月26日 16時00分 UPDATE

東京オフィス開設:リターゲティングの米AdRoll、日本市場でサービスを本格化

リターゲティングプラットフォームを提供する米AdRollは2月26日、東京オフィスとなるAdRollを開設し、2015年3月2日より日本での営業活動を開始することを発表した。東京オフィスは、サンフランシスコ本社、ニューヨーク、ダブリン、シドニー、ロンドンに次ぐ6番目の拠点となる。今回のAdRoll日本法人設立により、AdRollのセルフサービスソリューションの完全な日本向けローカライゼーションを実施、日本国内のユーザー企業に対して包括的なサービスを提供していく。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 AdRollプラットフォームは、プラットフォームやデバイスを問わず、企業が効果的な広告キャンペーンを実施することを支援するプラットフォームであり、世界2万超の広告主に利用されている。今回の事業開始にあたり、サイバーエージェントやオプト、セプテーニなどデジタル広告代理店11社、メディアレップ2社がセミローンチ契約を結び、日本企業のリターゲティング広告戦略を支援する。

 なお、サイバーエージェントのデータフィードマネジメントサービスである「CA DataFeed Manager」は、すでにAdRollプラットフォームとの連携が完了しているという。

news20150226_01a.jpg AdRollプラットフォーム画面

 AdRoll東京オフィスの開設にあたっては、代表取締役会長にYahoo! JAPANの第一号社員である有馬誠氏、代表取締役社長に元Googleの香村竜一郎氏を任命。AdRollは、ネット業界の経験/実績が豊富な2人を迎えることで、2014年のデジタル広告支出1兆円を超えた日本市場におけるシェア拡大を目指す構えだ。 

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by