ニュース
» 2015年02月19日 16時00分 UPDATE

顧客データの質/量ともに充実へ:ブレインパッド、すかいらーくのビッグデータ分析基盤に「SAP InfiniteInsight」を導入

データ分析事業を手掛けるブレインパッドとSAPジャパンは2月18日、外食大手のすかいらーくにデータマイニング・ソフトウェア「SAP InfiniteInsight」を導入したことを発表した。顧客データを解析し、各種キャンペーンやクーポン施策の精度の向上と効率化を図る狙い。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

関連キーワード

ビッグデータ | データ品質 | 外食


 SAP InfiniteInsightを基盤とするビッグデータ分析システムは、全国約1300店に展開するファミリーレストラン「ガスト」のPOSデータや、公式モバイルアプリ「ガストアプリ」のログデータなど、100億レコードを超える膨大な顧客データを解析している。

 すかいらーくは以前より、お得な各種キャンペーンやクーポン配布などのマーケティング施策で、データに基づく意思決定を重視してきた。近年、新たな顧客接点チャネルとして登場したモバイルアプリを通じ、会員数が拡大したことをきっかけに本システムを導入、従来よりも顧客データの質/量を充実させ、One to Oneマーケティングの強化していく構えだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by