ニュース
» 2015年01月22日 16時00分 UPDATE

自然に関心を持つ話題は:トッパン・フォームズ、DMに関する脳科学実験の結果を発表

トッパン・フォームズは1月21日、国際医療福祉大学教授の中川雅文医学博士監修の下で実施したダイレクトメール(DM)に関する脳科学実験の結果を発表した。「人はDMにおけるパーソナライズされた情報、すなわち自分に向けられた個別の情報には、強く読み込むことなく、ごく自然に関心を持つ」ということが、脳の生体反応レベルで判明したという。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

関連キーワード

| 興味 | パーソナライズ


 本実験では、A4用紙にそれぞれ「こんにちは」「山田さん こんにちは」(被験者の名前例)と書かれたものを被験者に見せ、その時の左脳の反応を計測した。テキスト情報を読み込む時には左側頭葉が活性化、また興味や渇望などの注意が向けられている時には左前頭葉が活性化するためと言われている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧