ニュース
» 2014年12月24日 16時00分 UPDATE

2015年の注目点も:マーケター100人が選んだ2014年の「これが一番!」は? (1/2)

マーケティングの実務家による国際組織「MCEI(Marketing Communications Executives International)」の東京支部は12月22日、同組織が実施したアンケート「2014年の『これが一番!』、2015年の『ここに注目!』」の集計結果を公開した。このアンケートはMCEI東京/大阪支部の会員100名を対象にしたもの。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 2014年の「これが一番!」トップ3は以下のとおり。

1位:「妖怪ウォッチ」&「アナと雪の女王」 ダントツ注目の双璧 日米譲らず互角!

 最も多く票を集めたのが上記の「妖怪ウォッチ」と「アナと雪の女王」の2つで、どちらもまったく同じ数の票だった。両者に共通するのは「大人も子供も巻き込むブームの仕掛け方」で、ニーズが細分化していると久しいこの時代において「“マス”の存在を改めて知らしめた」などの声も上がった。

 また「アナと雪の女王」に関しては、「音楽を前面に出したマーケティング、ソーシャルメディア/ネットを活用したコンシューマーの巻き込みが非常に効果的」など、マーケティング手法にも注目が集まったのに対し、「妖怪ウォッチ」に関しては「ポケモンに代わるビッグコンテンツ」など、コンテンツ力が強く評価された。

2位:錦織圭を中心に「ゆとり世代」のスポーツ男子 世界で活躍!

 2014年は、テニスプレーヤーの錦織圭選手、ソチ五輪男子フィギュア金メダリストの羽生結弦選手、体操世界選手権5連覇の内村浩平選手など、日本人男子選手による活躍が脚光を浴びた年。これらの選手は、ゆとり教育を受けた「ゆとり世代」と呼ばれる年代で、社会的には「軟弱世代」と言われがちだが、今年はこの年代の選手が大きく飛躍した。そのため「軟弱世代、できない世代という認識は誤りかも」と見直す声がある一方、これらの成果は「海外での英才教育のおかげ」という声も上がった。

3位:消費税アップ たかが3%、されど3%の影響大 円安とのダブルパンチ!

news20141224_02.jpg

 消費税アップに関しては、消費者が持つ消費に関する先行き不安や、「(増税後の)消費の冷え込みと円安とのダブルパンチ」という企業側の事情とあいまって、むしろマイナス面で注目されている。またアンケートでは「増税がどう影響しているのか、増えた3%が何に使われるのか分からない」という意見も出た。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by