ニュース
» 2014年12月12日 16時00分 UPDATE

地域特性を「見える化」:富士通、LOD技術により市町村レベルで地域特性を発見するツールをWebで公開

富士通ならびに富士通研究所は12月11日、Linked Open Data(LOD)を活用し、CO2やごみ排出量、病院数、地域内総生産などの地域データを市区町村単位で分析できるツールをWeb公開した。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 本ツールは2015年12月末まで公開する予定で、ユーザーの声を参考に機能充実を図り、地域活性化貢献ソリューションの提案につなげるという。

 LODは、Linked Data形式で公開されているデータセット群のこと。本ツールでは富士通研究所のLOD技術を適用し、LOD形式のデータを公開することで、企業が持つさまざまなデータやほかのオープンデータと組み合わせ、自由な分析を可能としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by