ニュース
» 2014年12月12日 16時00分 UPDATE

日本国内の調査結果:ランスタッド、労働者意識調査の結果を発表――景気回復、7割が「期待しない」

総合人材サービス企業ランスタッドホールディング・エヌ・ヴィーは12月11日、世界34の国/地域で実施した労働者意識調査「ランスタッド・ワークモニター」2014年第4四半期の結果を発表した。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

関連キーワード

景気回復 | 日本 | 意識調査 | アベノミクス


 今回の調査では、来年の景況に焦点をあてている。日本国内の調査結果に限定すると、「2015年には国内の経済状況は好転していると思う」という問いに対し、「はい」と回答した人の割合は昨年同時期に比べて約10ポイント減の30.6%。一方「いいえ(景気回復に期待していない)」と答えた人は69.4%となった。また、2015年に「給与増が期待できる」と回答した人は20.7%だった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧