連載
» 2014年11月18日 07時55分 UPDATE

【連載】インターネット時代の企業PR 第26回:間違いだらけ!? パブリシティのメディアプランニング

パブリシティの最大の魅力は、唐突感なく、場の雰囲気になじんだ形で、自社のことや自社製品について語ることができる点ではないかと思います。ということは、メディアプランニングにおいても、この部分が十分に検討されるべきだと言えます。つまり、メディアの文脈の歴史性や場の雰囲気に馴染むプランを検討すべきなのです。

[細川一成,電通パブリックリレーションズ]

重要性を増す広告のメディアプランニング

 ある広告メッセージを効率的かつ効果的にターゲットに届けるために、メディア選定や露出量配分を行うメディアプランニングは、広告の表現を決定する広告クリエイティブと並んで、広告の機能の両輪の役割を果たしていると言えるでしょう。

 インターネットが普及し、ソーシャルメディアが流行し、そして、新しい形の広告が誕生して広告でできることや広告に期待されることは大きく変容しましたが、それでもなお広告におけるメディアプランニングの重要性は変わっていません。

 むしろ広告の機能が多様化したことで、メディアプランニングはますます重要になってきていると言ってよいかもしれません。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by