ニュース
» 2014年11月07日 16時00分 UPDATE

消費者の生の声を分析:伸和エージェンシー、ボイスマーケティングサービスの販売を開始

大和ハウス工業のグループ会社で、広告代理店業/旅行業を営む伸和エージェンシーは11月6日、ボイスマーケティング・ソリューションを提供するセカンドアクトと販売特約店契約を締結し、テキスト分析サービス「よくきくよ」の販売を開始した。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 「よくきくよ」は、ソーシャルメディアで発せられたテキストデータや、コールセンターなどの音声テキストデータを集約して分析するサービス。出現頻度が高い単語を選び出す「ワードクラウド」や、分析した重要ポイントを細分化する「フィッシュボーン」などで顧客の声を集約/見える化できるのが特長だ。

 伸和エージェンシーは、本サービスに同社が築いてきた広告会社としてのマーケティング知見やノウハウを組み合わせ、顧客理解を向上させるマーケティングサービスとして提供していく。アンケート調査の自由回答文などの定性データやソーシャルデータを活用に悩んでいる企業に対し、テキストデータの有効活用を促し、企業のマーケティング活動を支援していく構えだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by