ニュース
» 2014年10月24日 11時00分 UPDATE

【連載】Wunderman's view:ターゲットの心を着実に動かす秘策とは?

ターゲットに情報を伝えるには、ターゲットのインサイトに基づいて、伝える情報範囲を吟味し、優先順位を設定しながら情報の「チャンク」を構成し、適切なチャネルやタイミングで発信することが重要なのです。

[電通ワンダーマン]

本連載(Wunderman's view)は、電通ワンダーマンが毎月配信する「ワンダーマン・ニューズレター」の内容を「ITmedia マーケティング」が編集したものです。


巷で見かける「伝わらないメッセージ」の数々

 先日、ある山道をバイクでツーリングしていた時の出来事です。行く先の道路状況を伝える看板が目に入ったものの内容を把握できず、しばらく走行した後に通行止めとなってUターンを余儀なくされてしまいました。戻って看板を見てみると、工事の期間や手法などが細々と記され、とても運転中に把握できる内容ではありません。こうした「伝わらないメッセージ」は、広告の現場でも少なくありません。地下通路で見る柱巻きポスターは歩きながらほんの数秒で内容を伝える必要がありますし、検索ポータルサイトのディスプレイ広告なら、検索の合間のわずかな時間で認知だけでなくクリックを促すことまで期待されます。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧