ニュース
» 2014年10月10日 16時00分 UPDATE

来店情報基に顧客誘致:ACCESS、10月下旬から「auスマートパス」に位置連動型コンテンツ配信ソリューションを提供

ACCESS(以下、ACCESS)は10月10日、同社が提供するBeacon対応位置連動型コンテンツ配信ソリューション「ACCESS Beacon Framework(ABF)」をKDDIの「auスマートパス」アプリに提供することを発表した。提供開始時期は今月下旬を予定している。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

関連キーワード

ACCESS | auスマートパス | クーポン


 auスマートパスは、アプリ取り放題やクーポンなどを提供するauのスマートフォンユーザー向けサービスで、有料会員数は1100万人超。ABFの導入により、auスマートパスのパートナー企業の施設や企業は、自社店舗を訪れた会員に対し、クーポンなどのプッシュ配信を期間限定で行えるようになり、顧客誘致につなげられるという。なお配信に当たっては、施設にBeacon機器を設置していることが必要となる。

 ACCESSは今後も幅広くABFのSDKおよびASPサービスを提供し、必要な場所で必要なサービスを利用しやすいユーザー環境の構築を支援するという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by