ニュース
» 2014年08月11日 07時43分 UPDATE

【連載】なぜ進まない? ビッグデータ活用:第3回 一番難しくて大切なのは、データの伝え方――データ活用を現場に浸透させる最も効果的な手法

BIツールを導入した。社内で役割分担も決めた。「さぁ、ビッグデータ活用を始めるぞ」。でも、本当に始められますか? 今回は現場でデータ活用が浸透しない原因とその対策を考えます。

[岡野 遵(おかの じゅん),アイ・エム・ジェイ Marketing & Technology Labs]

BIツールを導入したが、現場にデータ活用が浸透しない

 本連載の第1回は、「現場を知るコンサルタントが伝授する、『データドリブンマーケティング実現のための4つのステップ』」として、大きな投資や施策の前にビッグデータ活用の「お試し」を行い、目的の明確化や社内の理解、トップのコミットメントの獲得が必要だとお伝えした。第2回は、「部門横断型ビッグデータ活用チームの作り方――チームに必要なメンバーの4タイプ」。BIツールなどのテクノロジー選定よりも、運営していく「チーム作り」に力を注ぐべきだとお伝えした。これは、ツール導入後にプロジェクトがスムーズに進行していないケースが多いことから、失敗を回避するために「誰とどのように取り組んでいくのか」が重要だという内容であった。

 そして今回は「BIツールを導入した。社内で役割分担も決めた。さぁ、ビッグデータ活用を始めるぞ」という段階で訪れる、最も難解な課題について説明する。その課題とは、「現場にデータ活用が浸透しない」ことである。

 今回はこのような、

  • BIツールなどのデータ分析環境を整備した
  • データサイエンティストも確保した
  • しかし、データ活用が進まない

という現象について、起きる要因と回避策についてお話しする。

*現場=商品/サービスの企画部門、リアル店舗/EC部門、営業部門、広告/PR部門、カスタマーセンターなど顧客接点に関わる部門を指す。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by