連載
» 2014年07月09日 08時00分 UPDATE

【連載】インターネット時代の企業PR 第22回:アテンション獲得戦争を生き抜く――真のライバルは誰?

企業PRにおいて、同業他社の情報発信について研究することは決して無駄ではありません。しかし、アテンション獲得戦争の中で、同業他社だけをライバルに設定した競争は、ひょっとしたら勝者のいないゲームかもしれないのです。本当のライバルを見極めること。まずはそこから始めるべきです。

[細川一成,電通パブリックリレーションズ]

アテンション獲得戦争

 アテンションエコノミーという言葉が流行したのは2006年ごろだったでしょうか。人々のアテンション(=注目の量)は限られているのに、その対象となる情報の量は増え続けており、情報同士による注目の争奪戦のような状況が起こっている、というような意味で理解されていることが多いかと思います。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧