ニュース
» 2014年05月21日 13時53分 UPDATE

コピーライターやコンテンツ制作者にもデータ力を:「データ力」がマーケティング専業者の必須スキルとなる日 (1/2)

コピーライターなど、マーケティングコミュニケーション系を担当する者の中には、データを軽視する/重要性を認識していないという人が多い。「“アナログ”な世界は、デジタルとして測定できないもの」という思い込みが一般化しているためだ。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 デジタルマーケティングが隆盛のこの時代、データがいかにマーケティング施策成功のポイントとなるか熟知しているマーケターが増えている。その一方で、コピーライターなどのコンテンツ制作者やPRプランナーなど、マーケティングコミュニケーション系を担当する者の中には、データを軽視する/重要性を認識していないという人が多いのも事実だ。

 こうした状況に警鐘を鳴らしているのが、2014年5月20日にClickZ.comに掲載された記事“Data-Fluency: A Requirement for Everyone in Media, Marketing, and PR”(「堪能なデータ力:メディア、マーケティング、そしてPRに携わるすべての人の必須要件に」)だ。本記事では、「ビジネス環境が、『教えてくれ(Tell me)』から『証明してくれ(Show me)』へと変化している今、データという“証拠”は何よりも大きな力を持つ」と述べている。

 なぜコミュニケーション分野のマーケターはデータの有用性を認識できないのか。理由として考えられることが1つある。それは「コンテンツやコミュニケーションといった“アナログ”な世界は、デジタルとして測定できないもの」という思い込みが一般化しているためだ。こうした状況に対し、記事では「そういう方は、自身に次のような問いを投げかけてほしい」と述べている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading