ニュース
» 2014年05月19日 12時43分 UPDATE

ゴリ押し営業回避:マーケティングオートメーションで“嫌われない”マーケティングを実現できる

企業側のゴリ押しではなく、顧客が欲しい商品をPRできるマーケティング戦略を実現するにはどうしたらよいか。マーケティングオートメーションで叶えられる。実際にもたらすメリットを6つ紹介する。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 マーケティング戦略は、一歩誤れば「ゴリ押し」になりかねない。しつこいターゲティング広告やTVCM、不要なダイレクトメール、興味のないレコメンデーション商品などが続くと、逆に消費者の購買意欲をそいでしまうことがある。とはいえ、及び腰のマーケティングでは顧客に有益な情報を届けられず、その「適切な兼ね合い」を見つけるのは非常に難しい。

 こうした課題を解決するソリューションとして期待されているのが、マーケティングオートメーションだ。2014年5月13日のClickZ.comに掲載された記事“How Marketing Automation Software Can Create Loveable Marketing”(「マーケティングオートメーションはいかに“愛される”マーケティングを実現するのか」)で、マーケティングオートメーションがもたらすメリットを6つ挙げている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by