ニュース
» 2014年05月12日 08時05分 UPDATE

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:第19回 メッセージはメディアだ 〜コンテンツマーケティングが示唆する情報流通の変化〜 (1/2)

コンテンツ(=メッセージ)そのものがメディア化する時代がすぐそこまで来ている。その時代でイニシアティブを握るのは、コンテンツを核としたマーケティング、すなわち、「コンテンツマーケティング」だ。

[馬渕邦美,オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン]

 昨今、コンテンツマーケティングという言葉を耳にすることが多いと思うが、「実際何をすべきか分からない」と悩まれている方も多いのではないだろうか。まずは、「コンテンツ」とは何を意味するのかということから考えてみよう。

 「コンテンツ」とは、コンテナの「中身」のことだ。よって、メディアをコンテナと考えると、コンテンツは、情報の中身のことである。つまり、テレビ番組、映画、ブログ、記事、写真、音楽、そして、広告などを指す。よって、コンテンツマーケティングとは、いわゆる、見込み客や顧客にとって価値ある「情報の中身」を提供することで、彼らの興味/関心を惹き、商品を理解してもらい、最終的には購入してもらうためのマーケティング戦略のこと、となる。

 今回は、オグルヴィ・アンド・メイザー(以下、O&M)におけるコンテンツマーケティングの考え方を紹介しながら、ブランドがすべきアクションを考察する。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by