ニュース
» 2014年04月14日 13時53分 UPDATE

ビッグデータに消極的な訳:欧州のマーケターが挙げる「ビッグデータ活用をしない・できない理由」

Circle Researchが行った、欧州のマーケティング専門家を対象にしたビッグデータ活用状況の調査結果が発表された。4割の企業が活用に積極的な一方で、半数以上が活用していなかったり、検討も考えたりしていないと分かった。その理由をまとめた。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

関連キーワード

ビッグデータ | マーケティング


 調査結果は、2014年4月9日のeMarketerの記事“Big Data Needs to Be Smart Data for UK Marketing Professionals”(「英国マーケティング専門家、ビッグデータはスマートデータであるべきと語る」)で掲載された。本調査は欧州のマーケティング専門家を対象に実施されたものだが、その9割が英国人だったそうだ。

news20140414_03.jpg

 さて、そんな欧州の企業におけるビッグデータ活用はどのような状況なのか。調査によると、40%の企業が「現在はまだビッグデータを活用できていないが、今後3年間で活用できるようにしたい」と回答している。ただ「ビッグデータ活用のアーリーアダプターではないが、主流になってから使い始めた(25%)、「ビッグデータ活用のアーリーアダプター」(17%)という回答を合わせると、42%のマーケターは業務で既にビッグデータ活用を進めている。一方で「現在ビッグデータを活用してもいないし、今後3年以内に始める予定もない」という回答も全体の17%に上っている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading