ニュース
» 2014年03月26日 02時25分 UPDATE

Adobe Summit 2014 レポート:アドビとSAPが戦略的なパートナーシップ契約を締結――2014年のテーマは“マーケティング再創造(MARKETING REINOVATION)”

米国ユタ州ソルトレイクシティで開催中の「Adobe Summit 2014」。米アドビはイベントのテーマに“マーケティング再創造(MARKETING REINOVATION)”を掲げ、最新のテクノロジーが実現するデジタルマーケティングの可能性についてデジタルマーケター、代理店、技術者など5500人以上に向けて発表した。

[谷古宇浩司,ITmedia マーケティング]
adobe01.jpg 米国ユタ州ソルトレイクシティで開催中の「Adobe Summit 2014」で基調講演を行う米アドビのCEO シャンタヌ ナラヤン(Shantanu Narayen)氏。

 “マーケティング再創造(MARKETING REINOVATION)”というテーマを掲げることで米アドビは、デジタル時代において変わらざるを得ないマーケティングの状況を端的に指摘する。変化の中心にあるのはデータだ。顧客とのタッチポイントが増え、収集できるデータ量が増加すると同時に、データの種類も拡大した。設定すべきKPIが多様化することで、策定すべき戦略の可能性も広がった。いまや、マーケティングは企業内の一部門だけに関係する業務ではなく、企業が組織的に取り組むべき最重要の経営課題となっている。アドビはマーケティングを巡るそんな状況を「マーケティング再創造」という言葉で象徴した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by