ニュース
» 2014年03月17日 14時15分 UPDATE

マクドナルド、ネット販売参入?:米マクドナルド、デジタル戦略を強化へ ―― デジタル/マーケティング/メニューの3分野をテコ入れ (1/2)

米マクドナルドが、マーケティング/デジタル/メニューの3分野を重点的に見直し、売り上げ向上を目指すと、Advertising Ageが報じている。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 マクドナルドがネット販売に乗り出すかもしれない――。こんなニュースが2014年3月13日、Advertising Ageに掲載された。記事名は“Three Strategies McDonald's Is Using to Lift Sales”(「売り上げ向上に向けたマクドナルドの3つの戦略」)。同記事によると、米マクドナルドはここ10年、順調に売り上げを伸ばしていたものの、2012年以降は伸び悩んでいるという。特に運用面、顧客対応の面で問題があるようだ。

news20140317_02.jpg

 実際、今月10日の米マクドナルドの発表によると、米国の既存店売り上げは1.4%減で、アナリストの予想を下回ったという。またマクドナルド全体で見ると、アジア、中東、アフリカでの落ち込みが激しく、特に日本での売り上げ減が大きな原因になっている(ロイターより抜粋)。

 こうした状況に対し、米マクドナルドはマーケティング部門に新しくデボラ・ウォール氏、そして同社初のChief Digital Officerとして昨年末にアティフ・ラティック氏を迎え、体制強化を推進。ラティック氏は、AmazonやYahooでの経験があるデジタル分野のベテランだ。これにより、マーケティング・デジタル・メニューの3分野を重点的に見直し、売り上げ向上を目指すという。

 具体的にどう進めるのか。

 まずメニューは、新規よりもむしろコア製品にシフトしていく方針だ。米マクドナルドは昨年、ブルーベリー&ザクロスムージーなど4製品を立て続けに発表したが、これが逆に店舗オペレーションをスローダウンさせることになったという。また目新しさよりも、いわゆるマクドナルドらしい商品をということで、今月「ベーコンクラブハウスバーガー」を発表。これもコアメニューとしての製品だという。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading