ニュース
» 2014年03月11日 14時11分 UPDATE

いつでもどこでも買える:日本オラクル、最新版の小売業向け業務アプリケーション製品「Oracle Retail ver.14」を提供開始

日本オラクルは3月10日、小売業向け業務アプリケーション製品最新版の提供開始を発表した。小売業のオムニチャネルへの対応強化やカスタマーエクスペリエンス向上を支援する。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

関連キーワード

小売業 | オムニチャネル | 買い物


 小売業向け業務アプリケーション製品最新版の名称は「Oracle Retail ver.14」。このソリューションは、消費者があらゆる端末を通じてWebサイトにアクセスしたり、または店舗を利用したりして、いつでもどこでも思いのままに商品を購入できるショッピング体験を実現するもの。場所や時間に関係なく、購買体験を楽しみたいという消費者のニーズに応える製品群で、小売業のオムニチャネルへの対応を支援する機能をより一層強化し、カスタマーエクスペリエンス向上を支援する。

 Oracle Retailは、Eコマース機能、マーチャンダイジング業務管理、計画と最適化、サプライチェーンの計画と実行、マーケティングとロイヤリティ管理、店舗ソリューションや分析機能などを包括的に提供する業務アプリケーション製品群。最新版で強化された点は次の通り。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading