ニュース
» 2014年03月05日 15時47分 UPDATE

クラウド型顧客管理システム:東洋ビジネスエンジニアリング、SAP Cloud for Customerを2カ月で自社導入・提供を開始

東洋ビジネスエンジニアリング(以下B-EN-G)は3月4日、SAPジャパンが提供するクラウド型のアプリケーションに関する販売代理店契約をSAPジャパンと締結し、本ソリューションの提供を開始したことを発表した。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 提供するクラウド型のアプリケーションは「SAP Cloud for Customer」。B-EN-Gは、SAP Cloud for Customerの提供に先立ち、2013年12月から本ソリューションの自社導入に着手、2カ月という短期導入を実現し、2014年2月1日より稼働を開始した。

news20140305_01.jpg

 B-EN-Gは、1993年よりSAPをベースにしたERPソリューションやCRMの導入を手掛け、特に製造業分野で多くの実績を重ねている。グローバル化が激しくなる中、顧客対応力強化が企業競争力向上の鍵となっており、こうした現状を踏まえ、今回同分野におけるB-EN-Gの技術/経験/ノウハウと、SAPのクラウド型CRM「SAP Cloud for Customer」を融合し、個別ニーズに合った顧客管理システムを短期間/低コストで実現するという狙いがある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by