ニュース
» 2014年02月06日 15時00分 UPDATE

救援活動にもソーシャルが大活躍:英赤十字、ソーシャルリスニングを活用した募金キャンペーンで、50万ユーロを達成

募金や援助の要請を迅速に拡散させることで、物資/救援金を1日も早く届けることができる。こうしたことから英赤十字はソーシャルリスニングを活用しているという。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 ソーシャルリスニングツールを提供している米Brandwatchが、英国赤十字社の募金キャンペーン事例ホワイトペーパーを発表した。

 募金/救援活動と、一般的なビジネスは、目的も事業範囲も大きく異なるが、「マーケティングの必要性」という点では共通する部分がある。それは「いかに的確かつ迅速に、最適な人にメッセージを届けることができるか」という点だ。赤十字社の場合、募金や援助の要請を迅速に拡散させることで、困難がある地域に物資/救援金を1日も早く届けることができる。こうしたことから英赤十字はソーシャルリスニングを活用しているという。以下、そのポイントをみていこう。

 救援活動に際し、ソーシャルメディアが貢献できるのは以下の3点だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading