ニュース
» 2014年01月28日 14時20分 UPDATE

IBMのデータ分析:鍋屋バイテック会社、受注率10%向上を目指しIBMのデータ分析システムを導入

新しいデータ分析基盤を活用して、コンタクトセンターの見積もり業務の迅速化/効率化、顧客ニーズに応じた適切な提案を実現、また商品の成長製品開発や顧客満足度向上につなげていくという。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

関連キーワード

IBM | コンタクトセンター | CRM | 顧客満足


 日本アイ・ビー・エムは1月27日、岐阜県に本社を置く創業450年以上の機械要素部品メーカーの鍋屋バイテック会社が日本IBMのデータ分析ツール「IBM Cognos」、データベース「IBM DB2」、複数OSをサポートするオープンプラットフォーム「IBM Power Systems」を導入し、データ分析基盤を構築したことを発表した。

 NBKは今後、新しいデータ分析基盤を活用してコンタクトセンターの見積もり業務の迅速化/効率化を実現するほか、100万件以上の販売動向データを分析し、顧客ニーズに応じた適切な提案を実現、また商品の成長製品開発や顧客満足度向上につなげていくという。NBKは本システムにより、受注率10%向上を目指している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧