ニュース
» 2013年12月09日 13時16分 UPDATE

テレビにかざして買い物カメラ:ジャパネットたかた、テレビとスマートデバイスをミックスした新しい買い物スタイルを富士通の技術で実現

富士通は12月5日、関連会社の富士通研究所の開発技術を適用した映像ソリューションを通販会社のジャパネットたかたに導入したと発表した。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 スマートデバイスに内蔵されているカメラをジャパネットたかたの専門チャンネルで放映されている通販番組にかざすだけで、商品紹介サイトに自動的につながる。12月4日より運用が開始されている。

fujitsu01.jpg 「ジャパネットアプリ」の「テレビにかざして買い物カメラ」

 ユーザーは、スマートデバイス用専用アプリ「ジャパネットアプリ」をダウンロードし、カメラをテレビにかざすだけで、商品紹介/購買ページに自動的にアクセスできる。ハイビジョンや生放送番組でも対応可能。富士通のクラウドで認証を行うことで、フィッシングサイト詐欺によるリスクを軽減する。

fujitsu02.jpg サービスの仕組み

 ジャパネットたかた 取締役副社長の高田旭人氏(正しくは線が2本あるはしご型の「高」)は「『テレビにかざして買い物カメラ』機能によって、お客さまに新しい購入体験と感動をお届けすることができる」と述べる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading